マイナンバー対応勤怠管理ツール 現場監督
御社の対応は十分に、できていますか?
マイナンバー制度施行による企業の対応
マイナンバーを記載しての申告義務化!
法人番号またはマイナンバーを申請書や支払調書へ記載することが義務化されます
マイナンバー制度施行により必要な事業者の対応
マイナンバー情報の取得、保管と処分、マイナンバー(法人番号)の記載義務
マイナンバー制度の施行で建築・建築業界の事業者様では経営上、リスクが想定されます!
建設・建築業界の現場業務管理は厳しくなり、元請業者のみならず、末端の事業者へもその影響は強まりつつあります!
マイナンバーへの対応、想定されるリスクを回避するために、勤怠管理ツール「現場監督」を開発しました。
現場監督ができること
幅広い年代層の利用者に対応、請求書および領収書の発行にも対応し、決算や税務署への申告も簡単に!
入場資格の確認作業、業務日報の管理も簡素化!
情報入力は選択式を採用!
2016年1月のマイナンバーの運用開始に伴い、各企業は給与や委託費の支払先をマイナンバーと紐付けて管理する義務が発生します!
現場監督3つのメリット
労働三帳簿の管理、勤怠および業務管理、元請事業者へアピール!
マイナンバー対応業務管理ツール「現場監督」のご利用は月額利用料のみで、初期費用もご自身で設定していただければ無料です

お問い合わせ

info@smilring.com

Copyright © 現場監督 All Rights Reserved.